満杯脂肪酸はバランスよく取る

脂肪酸は不満杯脂肪酸という満杯脂肪酸の2種類に大別されます。不満杯は脂肪酸の炭素鎖と呼ばれる部分に2重調合をもつ物品、満杯は2重調合がないものです。2重調合が2個上記いらっしゃる多価不満杯のものはEPA,DHAなどがよく知られていますが、近年になって、満杯、費用(2重調合が一種だけのもの)も頑強にとりまして肝が分かってきました。そのため、これらをバランスよく食する事がいち押しされるようになり、満杯(Saturated)、費用(Mono)、多価(Poly)これらの脂肪酸のそれぞれの頭文字を取りSMP比率と呼ばれる均衡がいち押しされるようになりました。そうして、こういうSMP比率は3:4:3が理想的であると言われています。邦人の食事はそこそここういう均衡が保たれていると言われています。ただし、近年のEPA,DHAなどの人気で多価不満杯脂肪酸は過剰摂取の傾向にある事が指摘されています。そのため、満杯脂肪酸にも気を付けて摂取することが必要です。